【家を売りたい方は必見!】成功のポイントは6つ


こんな人に読んで欲しい!

  • 家を売却することになったけれど、何をすればいいか分からない
  • 家を高く売りたい方、早く売りたい
  • 自分の家がいくらで売れるか知りたい

そもそも家を売った方がいいケースってどういう場合?

(1)家を売らないことのデメリット

家を売らないことのデメリットは、以下の通りです。

資産価値の下落建物が古くなるにつれて、
産価値はどんどん落ちていきます。
売却相場の下落タイミングを逃すと、
数百万円、数千万規模の損をすることがあります。
維持費がかかる現状維持の場合でも、
年間50万円前後の費用が掛かるケースもあります。

(2)家を売る際のおすすめのケース

家を売る際のおすすめのケースは、簡単にまとめると以下の通りです。

理由おすすめのケース
家が狭くなった古い家を高く売る、新しい家を買う
もっといい家が欲しい古い家を高く売る、新しい家を買う
生活圏が変わる期限まで家を売る
金銭的に苦しい期限にまで家を売る
家を使わなくなった家を売る

ポイント1:家を売却する際の流れと期間を知る

(1)家を売却する際の流れ

家を売却する際の流れは、7つの項目に分かれています。

(2)家を売却する際にかかる期間

家を売却する際、かかる期間は約6ヶ月と言われています。

なお、家を売るまでに費やせる期間に余裕がない場合、希望する価格での売却の実現は難しいとされるのが一般的です。

そのため、売却をしようと思った場合、早めの行動を心がけることが重要です。

そこで、まずは当社の土地建物1秒自己査定システムを利用して、不動産価値を大まかに把握してもらう事をオススメします。

ポイント2:家を売却する際の相場を知る

(1)相場を知ることの重要性

「相場を知ること」が家の売却で成功するために、一番重要といっても過言ではありません。

なぜなら、不動産は相場を基準に売却価格が決定されており、相場を知らないで家の売却に臨むのは、無策で戦場に足を踏み入れることと同じこと、といえます。それくらい、相場を知ることは重要です。


そこで、家を売却する際には、大まかにでも

「いつまでに売りたいか?」
いくらで売りたいか?」

を決めましょう。

そして、相場に基づき価格を正しく設定できれば、希望のタイミングに希望の金額で売ることができる確率が高まります。

もっとも、相場を知らず査定に出すと、売却までの期間が長引いたり、安く売りすぎたりすることによって、損をする確率が高まることになります。

(2)相場ってどういう風にわかるの

家の売却相場は、「築年数」「市場観」の観点から明らかになります。

「築年数」の観点:家の価値の下がり幅に着目する


結論から言うと、家の築年数と売却価格には法則があり、

  • 家の価値は年々、下がる
  • 築浅の物件であればあるほど、下がり幅が大きい

ということです。

ここで注意すべき点は、築20~25年の家の価値の下がり幅は急激である、ということです。

また、国土交通省は、木造戸建住宅の価値の下がり幅は、築15年まで急激である、と発表しています。 さらに、国土交通省国土交通政策研究所による住宅の資産価値に関する研究においては、「住宅の資産価値は入居後急速に失われていく」との記述があります。

  • 築10年の物件の価値は、新築物件の半分ほど
  • 築15年の物件の価値は、新築物件の約2割
  • 築20年を超えた物件は、戸建て部分の価値はほとんどゼロ
  • 築30年を超えた物件は、「古家付きの土地」として、土地のみの価格で取引されるのが通例


以上から、家の価値の下がり幅を具体的に観察することによって、家の売却相場を把握することが出来る、といえます。

「市場観」の観点:ピークを見極める

家の売却相場にも、時期による流行たるものが存在し、その流行を見極めることが相場を把握するためには重要です。

また、市場の動きには、東京オリンピックの問題や、外国人(インバウンド)の動きアメリカ経済の状況も関係してきます。

2020年の現時点における家の売却相場について観察すると、国土交通省が集計している不動産価格指数によれば、不動産の売却価格は全国的に上がっているそうです。

(3)正確に家の売却相場を調べるには「無料査定」がおすすめ!

売却を検討している方が一番簡単に相場を調べるなら、不動産会社に家を査定してもらうのが一番です!

不動産会社は地元をよく知っていますし、どの価格帯で売れそうなのか、おおよその検討を付けることができます。

そして、センチュリー21銀河不動産は、地元を知り、地元を愛する不動産業者です!

当社まで、ぜひお気軽にご相談下さい!

まずは、当社にお電話を↓↓

高値売却コンサルタント。瑕疵保険用建物検査費用無料【センチュリー21銀河不動産】0120-033-647受付時間 9:00-18:00 [ 祝日のみ定休 ]

お問い合わせ

ポイント3:家を売却する際の費用や税金を知る

(1)概観

以下の図が、家を売却する際にでよく登場する費用・税金です。

この内、注意しておくべき費用(金額が大きい費用)は、

  • 売却金額にかかる、仲介手数料
  • 譲渡所得税・住民税

の、2つです。

(2)費用・税金を上手に抑えよう

費用・税金を上手に抑えるコツは、この2点です。

  • 無駄な費用は払わない
  • 払ったほうがいい費用は割り切って払う

以下で、簡単に説明をしていきます。

✔リフォームは必要最小限度に

結論から言うと、リフォームは基本的にいらないか、もしくは耐震補強などの最低限のリフォームにとどめましょう。



不動産の売却を考える場合、まずは、リフォームを全くせずに売り出し、市場(購入希望者)の反応を確かめるべきです。

その後、市場の全く反応がない、または内覧した人たちからネガティブな態度を示された場合にどの箇所が気に入らなかったのか、どうしてその箇所が気に入らなかったのか、を徹底的に突き止めます。

そして、その突き止めた箇所を集中的にリフォームをするのが得策である、と当社では考えます。


また、当社の「ステージングサービス」もご検討ください

ステージングサービスとは、売却しようとする物件に、売却価格を向上させるための演出を加えるサービスをいいます。

そして、ステージングサービス費用はすべて当社負担です!ぜひご活用ください!

✔特別控除や軽減税率を使おう

代表的な制度は、以下の通りです。

家を売却する際は、どんどん活用していきましょう!

→控除の詳しい内容はコチラから!
譲渡所得にかかる税金ってどれくらい?~ばあちゃんと孫と学ぶ「土地建物の税金」①~
https://www.sendai-hudousan.com/totitatemono-zeikin1/)

ポイント4:家の査定の仕組みを知る

(1)家の査定には「机上査定」と「訪問査定」がある

「早く査定額を知りたい」なら机上査定!

机上査定とは、

家の基本情報と過去の取引事例をもとにした査定方法

を、いいます。

机上査定であれば、不動産会社のスタッフがあなたの家に訪問することなく、メールや電話のみで査定結果を知ることが出来ます。

「より正確な査定額を知りたい」なら訪問査定!

訪問査定とは、

依頼した不動産会社の担当者が現地へ赴き、対象となる物件や物件が建つ場所の周辺環境を細かく調査した上で、資産価値を算出する査定方法

を、いいます。

訪問査定であれば、物件の状態や周辺環境などは実際に目で見て判断するので、より正確な査定額を割り出すことが可能です。

しかし、机上査定と比較すると、訪問査定は査定額が出るまでに時間かかります。

(2)査定ではどこが見られるのか

査定でみられるポイントは、以下の通りです。

つまり、大まかにいうと、査定は、近隣の不動産の取引価格を前提として、その各家固有の魅力を合わせて査定額を導き出す、といえます。この魅力の度合いは訪問査定により、机上査定よりも正確に導出することができます。そして、不動産の魅力は、建物の中身、状態、その建物の周辺環境など、様々な考慮要素に基づき評価されます。

(3)査定での評価を上げる方法

査定で評価額を上げる大まかな方法は、以下の通りです。
あなたでも、すぐ簡単にできるようなものをまとめておきました。何かのご参考になれば、幸いです。

改善箇所改善方法
外装・植木を剪定しておく

・外壁を綺麗にする(高圧洗浄機を買って綺麗にするのもよい)
内装・要らないものは捨てる

・掃除をして、ほこりや汚れを落とす
設備・更新予定の設備があれば、先に更新しておく
日当たり・晴れた日の日中に査定してもらう
治安・日中に訪問査定してもらい、怖い印象を持たせない

ポイント5:良い不動産業者を知る

(1)不動産業者選びに失敗するとどうなるか

不動産会社選びに失敗した場合と、成功した場合を比較した場合、以下のような点について、不都合が生じます。

このように、家売却において不動産選びは重要であるといえます。そのため、良い不動産業者を知り、見つけるのが家売却の成功のカギとなります。

(2)不動産業者の正しい選び方

良い不動産会社とは、「交渉力」と「信頼性」の2つの観点に基づき判断することが出来ます。交渉力が強い不動産業者はあなたの不動産をより高い価格で売却することを可能にし、信頼性の高い不動産業者は不動産売却について、あなたに安心をもたらします。

✔不動産業者の「交渉力」の確認ポイント

  • 不動産業者の専門性と実績はどの程度のものか
  • 不動産業者が地元に密着した活動を営み、地元での取引について影響力を持つか
  • 不動産業者が「囲い込み」をしてくるか

「囲い込み」とは、あなたが売却を依頼した物件について、他の不動産会社と契約させないこと、をいいます。「囲い込み」を受けると、仮に他の不動産業者から高値の購入依頼があったとしても断わられるリスクが高く、高い価格での家売却の実現を妨げます。

✔不動産業者の「信頼性」の確認ポイント

  • 不動産業者のスタッフが「宅地建物取引士」の資格を保有しているか
  • 不動産売却・仲介経験が長いかどうか
  • 親身に質問事項や疑問点に対し、答えてくれるか

ポイント6:家を売却する際の注意点を知る

●不動産会社に任せきりにしない

家売却成功のためには、不動産売却のすべてを不動産会社に任せきりにするべきではありません!

あなたも、不動産販売の際に作成されるチラシや、SUUMOなどのポータルサイトに掲載している情報を確認し、掲載の不備を不動産業者に対し伝えることで、よりよい不動産売却が可能になります。

そのため、あなたも不動産売却の当事者の一員であるという意識を忘れないことが大切である、といえます。

●不動産のマイナス点を隠さない

家を売る際、その家の一部分に破損や不具合などがあった場合、家の買主は売主に対し、その不具合の追完を請求したり、そもそも契約を解除したりすることができます。

このような売主の責任を民法上、契約不適合責任(従来の瑕疵担保責任)といいます。

そのため、不動産会社に査定をしてもらう場合や内覧をしてもらう場合、売主であるあなたは、不動産会社、買主に対し正しく物件の情報を伝える責任がある、といえます。

したがって、トラブル回避の観点から、不動産の売却前に、売却する物件の隅々までチェックを行い、明らかになったマイナス点を買主に対し、伝えて納得してもらった上で売買することが好ましい、といえます。

よくある質問!家の売却Q&A

自宅からの引越しを検討してます。自宅の売却と新居の購入、どちらを優先すべきでしょうか?

まずは、自宅の売却を優先すべきです。

たしかに、新居の購入を優先することも可能です。しかし、自宅の売却を後にすると、あせって売却価格を下げて自宅を売却することになり、損をする確率が高いです。そのため、新居の購入は後にし、まずは自宅の売却を優先するべきである、といえます。

住替えをする場合、引越しは2回、必要になりますか?

引越しは1回で大丈夫です。

不動産会社とスケジュールを調整することができます。そのため、引越しをするタイミングを早めに不動産会社に伝えておくことが重要です。

自宅に住みながら、自宅を売ることはできますか?

はい、可能です。

実際、自宅に住みながら自宅の売却手続を進める方も多いです。しかし、その際、家が散らかっていると、売却物件である自宅に対し、悪い印象を与えかねません。そのため、自宅をきちんと掃除しておくことが重要である、といえます。

家族や近所の人にナイショで、自宅を売ることはできますか?

はい、可能です。

家族や近所の方に自宅の売却を知られたくない場合、不動産会社に買い取ってもらう方法があります。まずは、不動産業者に相談してみましょう。

まずは、センチュリー21銀河不動産にご相談ください!

以上より、家売却成功のポイントをご紹介してまいりました。

しかし、不動産を売却するにあたって最も重要なことは

具体的にどのように売却するのが今の自分にベストなのか?

を、理解することです。

不動産の売却をお考えの方のうち、恐らく半数以上が不動産売却の経験が初めてになるかと思います。



そこで当社では、今まで培ってきた不動産売却のノウハウに基づき、どの売却方法が今のあなたにベストなのか?をご提案させていただきます。

センチュリー21銀河不動産は、お客様のご希望に全力で寄り添います。

なお、煩雑・面倒な手続は、すべて当社が対応しますので、是非、ご安心してお任せください!

まずは、当社にお電話を↓↓

高値売却コンサルタント。瑕疵保険用建物検査費用無料【センチュリー21銀河不動産】0120-033-647受付時間 9:00-18:00 [ 祝日のみ定休 ]

お問い合わせ