建物インスペクションとは?

建物インスペクションとは、

既存住宅を売却・購入する際の「建物状況調査」、「住宅診断」

をいいます。

具体的には、建築士の資格をもつ専門の検査員が、第三者的な立場で、目視、動作確認、聞き取りなどにより、住宅の現状の検査を行うこと、をいいます。

建物インスペクションは、平成28年の宅建業法の一部改正によって注目が集まり始め、改正法が施行された平成30年4月以降、中古住宅の売買の現場において、徐々に広まりつつある状況にあります。

建物インスペクションを実施する3つのメリット

<メリット①> 建物引渡し後のトラブルを予防できます!

建物インスペクションの実施により、売主様・買主様の双方が物件の現況をしっかりと理解した上で取引を行うことができ、建物引渡し後の不測のトラブルを事前に防ぐことができます。

<メリット②> 売却時に他の物件と差別化ができます!

建物インスペクションが実施されている住宅として、あなたの物件を売出すことによって、インスペクション未実施の物件との差別化が可能となります。

<メリット③> 建物購入後の維持・管理プランが立てやすくなります!

建物インスペクションを行うことで、補修の必要箇所や劣化状況が分かるので、購入後のリフォームや今後のメンテナンス計画が立てやすくなります。

住宅瑕疵(かし)保険とは?

住宅瑕疵(かし)保険とは、

住宅の購入や住宅の建設工事、リフォーム工事に際して、
「重大な欠陥」から消費者を守るための保険

を、いいます。

つまり、「重大な欠陥」が発生した場合、その「重大な欠陥」についての補修費用を補償するのが住宅瑕疵保険です。

そして、住宅瑕疵保険に加入する場合、瑕疵そのものを予防するため、建築士の資格を有する検査員によって、一定の安全基準を満たしているか否か、検査が行われます。

そのため、保険の対象となる建物については、一定の品質を持つことが客観的に担保され、ワンランク上の安心を実現できます。

住宅瑕疵(かし)保険のデメリットは?

住宅瑕疵(かし)保険に加入することにより、購入後の万が一の不具合発生への経済的な備えが可能になります。

ただし、住宅瑕疵保険の加入は、一定の検査基準に適合していることが条件となります。
そのため、検査基準に適合していない場合には、検査基準を満たすための修繕工事が必要となり、コストがかかる場合があります。

まずは、当社にお電話を↓↓

高値売却コンサルタント。瑕疵保険用建物検査費用無料【センチュリー21銀河不動産】0120-033-647受付時間 9:00-18:00 [ 祝日のみ定休 ]

お問い合わせ