~不動産相場を調べよう~不動産相場はどうやって調べれば良い?②

今回のテーマは、前回に引き続き「不動産相場の調べ方」です。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

◆似ている物件がないときには
【平米単価・坪単価で考える】
不動産ポータルサイトを見ても、ほとんど同じ条件の物件はなかなか見つからないこともあります。特に広さや
間取りが違うと、値段は大きく変わってきます。
そこで、「平米単価」や「坪単価」を用いて比較してみましょう。これは、物件の価格をその広さで割ったもの
です。ちなみに「坪」は3.3平米のことで、比較するときには「平米単価」のほうがわかりやすいと思います。
まずは不動産ポータルサイトにある、似た条件の物件の平米単価を出します。
これは、価格÷平米数で出すことができますね。
次に、先ほど出した平米単価に、ご自身の不動産の平米数を掛けると、相場価格が出てきます。
ただし注意していただきたい点として、土地や分譲マンションの場合は単純に上記の「価格÷平米数」で相場価
格を算出することができますが、中古の一戸建てを参考物件として用いる場合は、価格総額から建物価格の残存
価値を差し引く必要があります。
この点は少々専門的過ぎますので、「価格÷平米数」を参考として用いられるのは、土地と分譲マンションのみ
にされたほうが良いかも知れません。
【平米単価で考えるときの注意点】
物件が広くなっても平米単価が変わらないとすると、物件の金額はかなり高くなって、買い手が付かない可能性
が出てきます。そのため、物件が広くなればなるほど、平米単価は下がる傾向にあります。
ちょっと例えとして変かもしれませんが、野菜やお肉のまとめ売りのほうが、1つあたり、1gあたりの単価が安
くなるような感じでしょうか。

◆不動産ポータルサイトを見るときに気を付けたいこと
不動産ポータルサイトに掲載されている価格は、あくまでも「売主の希望価格」だということを念頭に置いてお
きましょう。売主の事情、例えば早く売りたいから相場よりも低めの価格設定にしている場合や、逆に急がない
ので高めに設定して長期間掲載されっぱなし、といったこともあるでしょう。
そこに掲載されている価格をうのみにせず、ご自身の希望や条件とすりあわせ、納得のいく価格で売り出せるよ
うにしたいですね。