価格交渉と指し値①

今回のテーマは、「価格交渉と指し値」。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

◆指し値とは
指し値、というのは、価格交渉(値引き交渉)のことです。
普段の買い物で値切ることはあまり頻繁に行わないと思いますが、不動産のように大きな買い物になると、「も
う少し安くならないか」と値引きをお願いする・されることがよくあります。
指し値はよくあることなので、売主側も指し値、つまり値引きを提案されることを覚悟したうえでの値付け(売
り出し価格の設定)をするようにしましょう。
つまり、この価格では絶対に売りたいという最低限の価格にある程度の金額を上乗せしたものを売り出し価格と
して設定しておくのがベター、ということです。
◆指し値は必ずしも応じなくても良い
5000万円の物件に対して、いきなり4000万ではどうか、と大きな指し値が入った場合、すぐに返答するのは止
めておきましょう。
1000万円の指し値はかなり大きな金額です。それ以上の価格での購入希望者が現れるのではないかと思った場
合は、そちらを待ってみるのが良いでしょう。
もちろん、売り出しから1カ月も2カ月も経っているのに購入希望者が全然現れない、といった場合には、大き
な指し値に対しても応じるべきかもしれません。
売主、買主双方の希望をすりあわせていき、お互い納得の金額でのやり取りになるようにしましょう。